グリーフケア

” あなたの悲しみを全て引き受けます ”

悲しみをなくさないで根本解決する「グリーフケア」

グリーフケア

大切な人との死別で、心も身体も打ちのめされ、
打ちひしがれていませんか??

その「言葉にならない悲しみや、嘆き、苦しみ」を
「悲嘆(グリーフ)」と呼び、

その悲しみを大切に、そっと寄り添いながら、つらい心と身体を癒す。

それが『悲しみをなくさないまま解決するグリーフケア』です。

グリーフケア

<< こんな症状に悩まされていませんか? >>

グリーフケア_ヒーリング_コーチング
大切な人を失ったつらさ、喪失感から立ち直れない
つらくて悲しい記憶が頭から離れない
もっと何かできたはず、と自分を責めてしまう
取り返しのつかない後悔の念に押しつぶされそう
家族連れや、夫婦を見ると、自分には(家族が)もういないんだということを痛感して苦しい
普段の何気ない、日々の生活や日常がつらい
「なんで自分だけが、こんな目にあうんだろう?」というやり場のない気持ちで心がいっぱい
突然の死別で、どう受け止めたらいいのか分からないまま、つらい気持ちを心に溜めている
故人のいない人生を考えたことがなく、寂しさと喪失感をどうしたら良いのかわからない
つらい記憶ばかり繰り返し考えていて、心と身体が重たい
グリーフケア

「会いたいのに会えない」という究極の苦しみ

グリーフケア

大切な人を亡くし、
「会いたいのに、会えない」というつらさや寂しさ、苦しみは、

いのちを蘇らせることも、
過去に戻って、今、大切な人が生きていられるような
やり直しをすることもできないために、

身が引き裂かれそうなほどの究極の苦しみと言えます。

一人では抱えきれないほどのつらい気持ちや、悲しみ、強い後悔は、
なかなか口に出すことが難しく、

共感してもらえないかもしれないという不安から、
誰かに伝えることもためらわれたり、
言葉ではうまく表現できなかったりします。

そのため、問題を解決しようとして、新たに心に傷を負ってしまいやすく、

うまく言葉にできない自分を責めて、
ますます孤独に苦しみを強くしてしまう
「負の連鎖」「悪循環」に陥りやすい危険性があります。

一度、「悪循環」に陥ってしまうと、一人で抜け出すことは、とても困難です。

そして、抜け出そうとすればするほど、ある法則にはまってしまい、
どうやっても抜け出せなくなってしまいます。
グリーフケア

間違った方法で苦しんでいませんか?

<< 根本から解決するための5つのポイント >>

1.悲しみたいだけ、悲しんでいいんですよ
グリーフケア

「いつまでも悲しんではいけない」と、思って苦しんでいませんか?

悲しみから抜け出そうとすればするほど、実は、抜け出せなくなります。これは、法則です。

どんなノウハウもアドバイスも、抜け出すための手助けをしている以上、悲しみは絶対になくなりません。

そして、根本的な解決からますます遠ざかり、解決を困難にします。

2.無理して前向きにならなくていいんですよ
グリーフケア

「前向きに考えましょう」「つらいときほど笑顔でいましょう」という言葉通り、

「ポジティブでいれば、いつか解決できる」と信じて、無理して元気になろうとしていませんか?

「ポジティブ思考」は、誰もが知る常識的な方法ですが、実はこれは逆効果。むしろ、とても危険です。

無理して前向きになろうとすると、つらい気持ちがもっともっと増え続け、抱えきれなくなり、自分ではどうすることもできなくなってしまいます。「いつか」は永遠にやってきません。

3. 我慢も努力も能力も、解決とは全く関係ありません
グリーフケア

自分の我慢が足りない、まだまだ努力が足りない、私の能力が足りない…

自分の気持ちが思い通りにできず「自分の何かが足りない」せいにして、なんとか埋めることで解決しようとしていませんか?頑張りも我慢も、根本解決とは全く関係ありません。

むしろ、「足りない」ことばかり気にして埋めようとすればするほど、ただ、疲労感と飢餓感が増して、永遠に解決できないままです。

4.つらい気持ちを隠さなくてもいいんですよ
グリーフケア

「強い心とメンタルを手に入れさえすれば、悲しみがなくなって楽になれるはず…」

そう信じて、つらい気持ちを感じない心を手に入れようと、悲しんでしまう自分をなくそう、消してしまおうとしていませんか?

つらい気持ちを吐露する場所がなく、気を紛らわせたりしても、つらい気持ちや悲しみを感じてしまう自分をなくそうとしても、絶対になくすことができません。絶対にです。

5.誰のせいでもないんですよ
グリーフケア

「あのとき、私がこうしたから」「あのとき、もっとこうすれば良かった」 など、過去の自分を責め倒して、取り返しのつかない後悔に苦しんでいませんか?いのちの責任を背負っていませんか?

問題は過去の自分でも、何かをした「原因」でもありません。大事なのは「理由」です。そこには、誰の責任もありません。

本来、いつでもどんなときでも、最適で最善の選択しかできないようになっています。

グリーフケア

「グリーフケア×コーチング」で根本解決しませんか?

グリーフケア

死別の苦しみは、頭ではわかっていても、いざ目の当たりにすると、

言葉にできないほどの喪失感とつらさを味わいます。

死別の苦しみから立ち直る「正解の答え」はどこにもありません。

 

そのため、「正解」を押し付け、無理に元気にするのではなく、

「10人いれば、10通りの方法で解決する」こと。

 

つまり「あなただけの方法で解決する」のが、

一番、最適で楽な方法(精神的な負担がない)方法だと思っています。

 

その方法が、悲しみを全て引き受ける「コーチング」×「グリーフケア」です。

悲しみやつらさは、比較したり、勝負するものでもありません。

 

「悲しみを全て引き受けるコーチング」×「グリーフケア」では、

 

1.アドバイスしない

2.考え方を押し付けない

3.正論を伝えない

4.ネガティブなあなたを否定しない方法

 

=「質問しかしないセッション」で全て構成しています。

 

あなただけの「悲しみ」に、そっと寄り添いながら、

「なぜこんなに苦しいの?」「なぜ、こんなにつらいのか?」

その『理由』をセッションで探し当て、

「苦しみ」や「悲しみ」を構造的に段階的に消していくことで、

重くて苦しくてつらかった「心と身体を軽くする」グリーフケアコーチングです。

グリーフケア_ヒーリング_コーチング9
griefcare×coaching
griefcare×coaching
griefcare×coaching
griefcare×coaching
griefcare×coaching
griefcare×coaching
グリーフケア

セッションで悲しみが解決する理由

悲しみたいだけ悲しんでいいと、自分で自分に「許可」が出せるから
心理学的な定番の方法「味わって消す」ために、つらい体験を追体験、再体験しなくても、もっと深い領域で解決するメソッドだから
一人では抜け出せない、モヤモヤやぐるぐるから一歩踏み出せるから
アドバイス通りに動くこと、考えることで解決させようとするのではなく、自分の力で解決できるような「強さ」が自然と手に入るから
あなたを苦しめているつらい過去やその詳細を超えた、もっと深い「理由」に気づくことができるから
「何を悩もう?」と思うほど、心と身体がスッキリするくらいに、構造的に悩みを消すから
グリーフケア

<< メニュー一覧 >>

グリーフケア×コーチング
グリーフケア

FAQ・よくある質問

グリーフケア
グリーフケア
グリーフケア
セッションとは具体的に何をすればいいのでしょうか?

セッションは、2つの質問に答えていただくだけです。

特別に、何か用意する必要はありませんし、心の準備も必要ありません。

お茶を飲みながらでも大丈夫ですし、甘いものを食べながらでも大丈夫。リラックスした状態で受けていただくことがセッションをより効果的にしますので、どうぞご安心くださいね。

遠方に住んでいるのですが、セッションを受けられますか?

遠方にお住まいでも、もちろんセッションを受けることができます。

スカイプやメッセンジャーなどの無料通話アプリ、もしくはお電話(通話料はご負担ください)でのセッションが可能ですので、お好きな方法をお申し付けください。

話をするのが苦手で、セッション中にうまく話せるか心配です。

言葉にならない、話しにくいことを話さないまま解決するセッションですので、うまく話そうとする必要は全くありません。

大事なことほど話しにくいということは、私自身も経験したことがあり、身をもってよく知っていますので、どうぞご安心ください。

2時間も何をどう話せばいいのかわかりません。

セッションの2時間は長い時間のようですが、実際にセッションがスタートすると、

 「あっという間だった!」 「時間を忘れていました...」「時間の流れを感じなかった」

 という感想をいただくほど、あっという間に経過しますので、ご安心くださいね。

泣いてしまいそうで、セッションを受けるのが怖いです。

私個人としては「泣く」ことを、自然なことだと考えています。

 

何より、自分の本心(本当の気持ち)に気づくと、自分本来の感情が溢れることで、

自然と涙も溢れ出ることがありますが、それは、セッションの癒し効果が深く効いている証拠でもあります。

 

むしろ、泣いてしまいそうなほど、ギリギリのところまで頑張っている方にこそ、

セッションを受けていただけたらと思って、このようにサイトを作って、発信しています。



徹底的に寄り添う気持ちでセッションをさせていただきますので、

溜め込んでいた気持ちを涙とともに流して、スッキリしていただけたらと願っています。

 

「泣いている姿を見られたくない」という場合は、無料通話アプリでのセッションを選択していただくと、

リラックスできるご自宅で、ティッシュ箱を用意して、泣きたいだけ思い切り泣きながらセッションを受けることが可能です。

グリーフケア

<< お客様の感想 >>

故人との思い出の場所がたくさんありすぎて、

その場所に行く度に辛かったけれど、

『思い出の場所がたくさんあるってなんて、素敵なんだろう』

って思えるようになりました。

死別したことを話さないといけない状況を自分で作っていて、想像以上に深く傷ついていることに気づかず、へとへとだった。

自分がどういうところなら、居心地が良いか考えたこともなかったし、考えることすら自分に許してなかった。

「もっと自分に優しくしてあげて良いんだ」と思うと、とっても楽。

夫を亡くして、悲しい記憶で頭がいっぱいで、つらくて、重たくて、苦しかった。

だけど、もう思い出せないし、戻らないし、どこか他人事。

聞かれれば、答えられるけど、聞かれないと考えない。


あのままだったら…と思うとゾッとする。

本当は、故人が何かを言い残していないか?知りたくて、
それと平行して過去の自分を知りたくて(前世療法を試した)

そうすれば何かが変わるような、、、 今思うと現実逃避かな?

でも、過去世は気にしなくなりました。そのカウンセリングのせいではなくセッションを受けながら自然にです。

「こうしてあげれば良かった」とか、「こうすれば良かった」とか、自分を責めてばかりで、とにかく悔やんでばかりだったから、

なんだろう〜
そういう事ではなく、

(故人の)運命は決まっていて、素晴らしい人生で、まっとうされたと思える自分が居ます。

広い心、物事の全体が見渡される、そんな感じですね。

きっと、自分が楽になりました^ - ^v

グリーフケア_ヒーリング_コーチング12

つらい気持ちや悩みが、残ってない。本当に。

そして、すべて叶ってる。

今までいつも気にしていたことが(えー、それも何だったか忘れてる)不思議なくらいない。

まっったくない。
謎なくらい。
嘘みたいに。

故人を亡くして、何もかも無くなった、という喪失感は本当につらかった。

何を思い出してもつらかった。


だけど、セッションを受けて、

「死んでしまった」ではなく、
「全うした」と思えるようになったから、

「お疲れ様」「いつか私も」と大きく思える。

こう思えると、
むしろ気持ちが安らぐ。

セッションを受けて、
「悲しみ=幸せ」ということが、深く深く理解できた。

突発的に思い出しては、悲しくてつらくて苦しかったのに、

「こんなに悲しめるなんて、私はなんて幸せ者なんだろう」

って、気づくことができた。

セッションを受ける前は、

「悩んでいることが当たり前」

になっていて、

自分が「悩んでいる」ことにすら、気づいていなかった。

グリーフケア_ヒーリング_コーチング12

「自分を大切にする」ということを、すっかり忘れていた。

そのことをセッションを受けて、深く気づいた。

 

全くそういう教育を受けないし、(セッションを受ける前は)常に、みんなのこと、周りのこと優先してた。

みんなが気持ちがいいことでしか安心できなかったから、苦しかったことがわかった。

(物理的に)自分一人で、いるのが不安で、物理的な時間を埋めることで満足した気がしていたけど、

心はぽっかり。

喪失感がすごかった。

セッションを受けて、それも無くなった。

故人は、想えばいつでもいる気がするし、想っていないときは、いい意味で忘れていられる。

だから、悲しくない。

面白いなぁと思う。

苦しい、つらい思いをした経験、それこそが大事であって、

セッションを受けて、

「それは実はつらくない」
「そうでもなかった」

ということがわかった。

セッションを受けて、つらいと思っていたことを手放すことができた。

手放したら、本当に楽になれるのに、

(セッションを受ける前は)まさか、手放せるとは思わないし、

「手放すことができる」

という発想がなかった。

セッションは、目から鱗!

目から鱗はなかなかない!

 

そして、
そこからの飛躍は大きかった。


強い信念が生まれて、

自信がついて、

結論の出し方が変わった。

グリーフケア_ヒーリング_コーチング12

カウンセリングを受けたいな…と思っていましたが、まずは大泣きする気がしていて、いっぱいいっぱいで行動にうつせませんでした。

なかなか悲しみを吐き出せる場所がなくて、周りに同じような境遇の人(大切な人と死別した人)もいなくて、ある意味、すごく孤独でした。

セッションは、リラックスして、飲み物をセットして、いつでもトイレに行けると聴いて、ホッとしました。

星さんは、何も言わないけれど、100%で聴いてくれて、

セッション中は「いいですね」が嬉しかったり、達成感!があってセッションが終わると、気持ちが楽になっていて、

「え?(あの悩みは)なんだったの?」ってなっていました!

(セッションを受ける前は)自分を何とかしようとは思ってなかった。

故人を失った人生を考えたことがなかったし、どうしたら良いのかわからなかった。

自分がどうなるのかわからなくなってしまったことで、途方にくれた。

引き寄せも、故人を引き寄せることなんてできないんだから、正直なところ興味がなかった。

どうしたら、平静に、どうやって暮らしていくか、それしかなかった。余裕がなかった。

(セッションを受ける前は)喪失感と、現実のギャップについていけず、何も考えられなかったし、そういう自分にすら気づいてなかった。

グリーフケア_ヒーリング_コーチング12

セッションを受けてから、難しく考えなくなって、頭の中がいつもクリアでいられる。

今まで、頭の部分は、何をやってもクリアにできなかった。

(死別の苦しみや悲しみについて)愚痴をこぼすのも大事だけど、出しすぎていた未熟な自分がいたことに気づいて、それが、大きく本当に変わった。

無意識で頑張れている感じ。

でも、全然、私は今、頑張ってない(笑)

だから全然大丈夫!

悩みを解決するために「気分を良くしましょう(引き寄せの本)」と知って、楽観的(ポジティブ)に、気分良くしようと無理していた。

気分さえ良ければ、すべてうまくいくと心底思ってた。
とんでもない生き方をしていた!

だって、本当は、つらくて苦しいのに、その気持ちを感じないように蓋をするので、どこかで限界がきてたし(実際に何回も限界が来きて大変だった)、無理があった。

今思えば、この方法は難しいし苦しかったし、本当につらい。(中略)

(セッションを受けてからは)笑うし、泣くし、感動するし、怒りもするし、歓びもする。五感があるんだから、持ち続けていいし、いつも気分良くなんていられない。

でも、そう思えると、

結果的に気分がいい!

相手のことを思い出しながら、今を一人で一緒懸命に生きることが、不思議と逆に強く故人を感じることができて、気持ちが落ち着く。

セッションを受けて、つらかったことが薄らいだ。

だって、つらくなかった!

ということが、わかったから!

故人が言い残したことはないのか、気になって、気になって、スピリチュアルにはまってはまって(笑)

死別後、たくさん本を読み漁った。

セッションを受けた今、

否定はしないけど、現実を生きてます(笑)

最期はやっぱりつらい。

死は、別れは、ものすごくつらい。

セッションを受けたから、
気が楽になって、何かを手放せたんだと思う。

だから、軽い!

(死別の苦しみは)「時間が経てば解決する」「時間が解決する」と(本や他人は)簡単にいうけど、

実際、時間さえ経てば、解決するわけではなかったし、時間が経てば経つほど、逆につらかった。

つらいから、忘れようとするんだけど、忘れようとすればするほど、つらかったし、(故人が)いないから、さらに楽しいことまで忘れようとして、とんでもなくつらかった。

セッションを受けて、

「忘れる必要はないじゃん!」

「なんで忘れようとしていたの??」


と気付いて、それまでの故人との時間が密だったと思えるようになって、一緒にいる時間が長ければ良いわけではないことに気づいた。

試行錯誤した最期(看取り)の時間を、

「もっとこうしたらよかった」

「こうしたからった」

「どうしてできなかったんだろう」

「なんでできなかったんだろう」

って、悔やみまくった。

だから、ちゃんと(故人の)思い通りにできたかどうか知りたくて、でも、知ることができなくて(当たり前だけど…)苦しかった。

(中略)いかに素晴らしい時間を過ごしたのかを知ることができて、時間が経てば経つほど、愛おしい時間になった。

決して間違ってなかったし、家族にとっても故人にとっても、

「必死で考えて必死で寄り添ってできることをやったんだ」

と初めて肯定できた。

今までは、自分にはいない故人の話を知人がするのがつらかったし、そういう雑談が苦しかった。

いろんな人がいて、いろんな家族の話をするのが、本当に平気になった。

「死別の話をしないといけない」となぜか思い込んでいて(笑)、一生懸命に平気なふりして毎回、必死に(泣かないように!)会話をしていたから、いつもクタクタ。

頭では平気だと思っていても、セッションをうけて、想像以上に心が傷ついていたことに気づいて、自分が話を聞いて終わり。お昼休み終わり。

誰も私の話を聞きたいわけではないと気付いて、雑談=雑音にできる自分を手に入れた。

強くなったかな?(笑)

グリーフケア

まずはセッションを体験してみませんか?

〇体験フルセッション(初回限定)          ¥30000(150分)
※長時間のセッションになりますので、お時間に余裕を持ってお申し込みください。
※対面(ホテルラウンジか貸し会議室)もしくは、メッセンジャーやスカイプなどの無料通話でのセッションになります。ご希望の方法をご指定ください。
グリーフケア
グリーフケア

追伸 最後のメッセージ

どんなベストセラー本を読んでも、どんなにレビューがいい本を読んでも、

「うまくいく方法」「悩みを解決する方法」は、「いかにポジティブでいられるか」です。

つまり、つらくて苦しい自分を消すよう、つらさや苦しみを感じないように前向きになるように促されます。

 

「ストレスを感じない自分になろう」「ブロックを外す」

「ネガティブなエネルギーを排除する」「いい気分でいよう」

「どんなときも良い面を見つけよう」「頑張れば、努力すればいつか報われる」

「ポジティブ思考で取り組もう」「前向きな気持ちが大事」

「不安をなくそう」「弱い自分を捨て去ろう」「強いメンタルを手に入れれば怖くない」

など言い方が違うだけで、全て同じです。

 

でも、実は、これは絶対的に不可能な事なんです。

 

この方法を強い意志で実行すればするほど、

苦しみやストレスから抜け出せなくなることや、

つらい気持ちや苦しい気持ちは無くそうとすればするほどつらさと苦しみを増大させてしまうことは、

残念ながらあまり知られていません。

 

そのため、つらい気持ちを抱えたまま、

気づかないふりをして、大丈夫なふりをして、余計に苦しんでしまっています。

 

特に、死別の苦しみ(グリーフ)のような、言葉にできないほどの壮絶な悲しみ喪失感は、

「死生観」という壮大なテーマなだけに、

小手先のノウハウや「こうすれば良い」という考え方では解決が難しく、

アドバイスもなかなか思うような効果が見込めません。

 

なぜなら、アドバイス通り生きるのでは、その人の「生きる権利」を奪うことになります。

 

どんなに友人に相談しても、家族に話を聞いてもらっても、なかなか解決は難しいものです。

会えば、いつも愚痴ばかり、いつも泣き言や不満不平になってしまうと、

解決しないどころか、友人関係や家族関係が気まずくなったり、だんだん疎遠になって当たり前です。

 

そうすると、より孤独が深まり、一人で問題を抱えて人間関係までこじらせてしまいます。

 

一人で解決は難しいものです。

素直に、弱音を吐いたり、弱さを吐露することはとても大事です。

 

平気なふりをして、傷つきすぎているあなたの心にそっと寄り添い、

助けを必要としていることに気づくことが、解決への第一歩です。

 

そして、そのお手伝いすることが私の使命です。

 

グリーフケア
グリーフケア×コーチング
グリーフケアコーチ

・星 ゆいこ

・心と身体を軽くする「いのち」に寄り添うコーチ

・26才の時に父を肝がん(ステージ4)で亡くし、翌年、流産を経験。「いのち」の重みと家族の死に大きなショックを受け、打ちのめされる。父のがんに気づけなかった罪悪感、流産した自分を責め、母親との関係に苦しみ、途方にくれた10年を過ごす。何とか深い悲しみから抜け出し「幸せ」になるために、様々な考え方や食事や生活、健康法やあり方、心理学やスピリチュアル、アーユルヴェーダなど「答え」を探し求めて彷徨う。

断捨離に出会って人生が変化し始めるものの(グランプリを受賞)、心と身体と頭の中だけはどうしてもスッキリしないまま、捨てるものがなくなり、買うことができなくなったとき、カウンセリングやセラピーを試すも、新たな心の傷を負ってしまい逆に落ち込む結果になる。

そんな時にストレスクリア®️コーチングに出会い、ストレス=葛藤していたことに気づき、2時間のセッションであっさり解決。もともと目指していた「いのち」を支える仕事として、人には言えない悩みや「グリーフケア」と掛け合わせたコーチとして活動中。

グリーフケア×コーチング